顔のニキビは思春期に出るもので、治すことは難しく次から次へと出てくる。

顔のニキビは思春期に出てくることが多く、治す事がとても難しいです。ホルモンバランスの崩れなどによってニキビがでてくるので、表面的にでてきたニキビに塗り薬などを塗っても効果がないという事が多いです。または効果があってそのニキビは消えても、そのニキビが消えるころには新しいニキビができているという状態です。このにきびというのはほとんどどうする事もできません。顔を汚くしているから出るわけでもないので清潔にしていてもニキビはでます。この顔のニキビに対してできることは、ニキビをなるべく早く治してニキビ跡を残さないということだけです。ニキビを潰したりすることは避けるか、潰す場合は中途半端に潰さずにしっかり芯まで出しましょう。